SDGsポイントプロジェクトイメージ
SDGsポイントプロジェクトイメージ
SDGsポイントプロジェクトイメージ

ABOUT

SDGsポイントプロジェクトは、SDGs認定カリキュラムによる人財育成の取り組みがポイント換算され、そのポイント量に応じて、SDGs達成に向けた活動への寄付が行われる新しい社会貢献モデルです。

このプロジェクトは、国連事務総長特別顧問としてSDGsを策定し牽引するジェフリー・サックス博士、Center for Sustainable Development at Columbia University、Millennium Promiseの認定を受け、日本アクティブラーニング協会が推進しています。

SDGsポイントプロジェクトモデル

背景・目的

2001年に「世界から極度の貧困をなくす」ことを目標として、コロンビア大学のジェフリー・サックス博士を中心に、国連でMillennium Development Goals(MDGs)が策定されました。その目標達成に向け、同氏がMillennium Promiseを設立。約15年間にわたって活動を続け、これが一定の成果をあげたことで、MDGsは、2015年にSustainable Development Goals(SDGs)となり、17の目標として再設定されました。 現在、世界的にSDGsの機運は高まっており、例えば、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス)に注力する企業に投資を行う「ESG投資」の投資残高は2017年末時点で31兆ドルとするレポートもあります。国内でも、SDGsへの貢献を意識した活動を行う企業が増加しています。 教育現場においても、探究学習(自己の研究テーマに基づく学び)の普及が進むことで、研究テーマとSDGsとのつながりを考える機会が増えており、SDGsは世代を越えたムーブメントとなっていると言えます。

そのような中、SDGsをテーマとして掲げるばかりでなく、目標達成に向けて、具体的に行動できる人財が求められていることは言うまでもありません。 そこで、サマデイグループ、日本アクティブラーニング協会は、SDGsについて、身近なことから「自分ごと」で取り組むためのマインドセットや行動力を養成する研修プログラムを開発。 また、そのような学びのプロセスを記録しポートフォリオとしてまとめることができるeポートフォリオシステムも提供していますが、このたび、これらがジェフリー・サックス博士、CSDC、MPの認定カリキュラムとなりました。 この認定カリキュラムに取り組んだ人財(組織)にはSDGsポイントが発行されます。 そして、SDGsポイントの年間発行量に応じた金額を、サマデイグループがCSD Columbiaに寄付。CSD Columbia、MPは、この寄付をSDGs達成に向けた取組のために活用します。 寄付された金額は世界的な中等教育の普及のために用いられる予定です。 このプロジェクトによって、例えば、生徒は、探究を進めた先に社会貢献があるのではなく、自ら学び進める行為そのもの、「今」が社会貢献に直結していることを自覚することができます。これにより、生徒たちが、SDGsを「遠い目標」ではなく「自分ごと」として捉えることができれば、より主体的に探究活動を進められるようになることが期待されます。

SDGs認定を取得するには

Center for Sustainable Development at Columbia University、Millennium Promiseから認定を受けた人財育成プログラムまたはシステムを導入・実施し、基準値を超えるポイントを獲得した教育機関・企業はSDGs認定を受けることができます。また、プログラムの修了者(個人)には、その証明としてサーティフィケートが発行されます。

教育機関・企業

  • ✦ 認定研修プログラムまたはシステムを導入
  • ✦ 取り組み内容に応じてSDGsポイントが発行
  • ✦ ポイントが一定量に達するとSDGs認定

SDGs認定マークを取得

個 人

  • ✦ 認定研修プログラムを修了

サーティフィケートを取得

SDGs認定研修プログラム・認定システム

認定研修プログラム

特許を取得した円盤型教材を用いて行われるプログラム。100人いれば100通りの答えが出る絶対的な正解のない課題に、インプロビゼーション(即興)で取り組むことで、自分本来の発想や思考が表出。自分起点の考えをもとに、他者の考えとかけあわせながら、SDGsとのつながりを考えます。企業向けは「新しい人財開発プログラム」、教育機関向けは「探究」に特化した内容のものと、日常的なトレーニング用の2種類があります。

本研修を受講することで「SDGs公認ファシリテーター」の資格を得ることができます。この資格を取得すると、ファシリテーターとして必須の力を身につけられるほか、SDGsカリキュラムを運営することができるようになります。

認定システム

探究活動等のプロセスにおける様々な気づきや学びを、他者とシェアしながら記録。記録したログを統合したり再編集したりして、自分の学びと活動のエビデンスとなるポートフォリオを作成できるシステム。SDGs達成に向けた行動の記録が蓄積するシステムとして認定を受け、将来的に、本システムで作成したポートフォリオをSDGsの観点から一定の基準で評価する制度も設けられる予定です。

パートナー募集

SDGsポイントプロジェクトは、教育機関・企業のパートナーを募集しています。

SDGs Partner

SDGsポイントプロジェクトで
一定の基準を満たした組織・団体の認定

SDGs Associate

SDGsポイントプロジェクトに参画し
取り組みを始めた組織・団体の認定

メディア掲載

PRTIMES
朝日新聞 DIGITAL
JIJI.COM
exciteニュース